河北潟湖沼研究所が農家と取り組む河北潟の水辺・田んぼの生物多様性を保全するお米

生きもの元気米

河北潟湖沼研究所の2018日年 田んぼ(KFu96)生きもの元気米情報

農家紹介 河北潟湖沼研究所

2017年より、NPO法人河北潟湖沼研究所が直接栽培する生きもの元気米ができました!

 

  予約購入はこちら
川原さん

生産者:河北潟湖沼研究所 担当スタッフ川原奈苗さん

生きもの元気米生産地:金沢市二日市町

河北潟湖沼研究所よりメッセージ

河北潟地域の田んぼ

田んぼは、河北潟地域の低湿地帯に生息する野生動植物にとって大事な環境となっています。農薬に頼らない田んぼを増やして、お米を食べる人も田んぼの環境を見守っていく「生きもの元気米」をひろめるために、自分たちでも生きもの元気米を作っていこうと、今年から栽培を始めました。自分たちで栽培しながら、農薬不使用の農業の可能性を探っていきたいと思います。

色々試しながらお米をつくりたい

田植えは、スタッフで協力して、手押しの田植え機をつかって、行っています。農薬不使用で栽培しているので、草取りは手作業、田んぼの中を歩いて草取りしています。稲刈りでは鎌での刈り取りと、バインダーを使って行いました。収獲した稲は、すべて稲架干しています。稲架干しは、たくさんの方に参加協力いただいています。手間をかけてつくっていますが、あまり大変にならくても、無農薬でしっかりお米ができるよう、色々試していきたいと思っています。

田んぼ(KFu96)の場所

生きもの元気米を作る田んぼの住所

石川県金沢市二日市町ロ96(約821平方メートル)

河北潟湖沼研究所の田んぼ(KFu96)の様子(2018年)

4月16日荒おこし中 5月4日、田植え中
5月10日、手押しの田植え機で田植えしました。 5月30日、田植えから約2週間後の田んぼの様子です。
7月7日、青々としている田んぼ  
6月7日の田んぼの様子です。  

調査員からひとこと ~ 河北潟湖沼研究所の田んぼ(KFu96)はこんなところ!

生きもの元気米2年目の田んぼです。

生きもの調査について(2018年)

調査実施項目

1)昆虫スイーピング調査

2)底生生物調査

3)植物調査

*調査員 川原奈苗(NPO法人河北潟湖沼研究所)

*生きもの調査の結果はこの下に田んぼの生きものリストとして表示しています。

 

河北潟湖沼研究所の田んぼ(KFu96)の動物のリスト(2018年)

陸の生きもの(動物)

しばらくお待ちください。

水の中の生きもの(動物)

科名 種名 2018
両生類
アオガエル科 ニホンアマガエル(幼生)
昆虫類
トンボ目 アキアカネ(幼虫)
カゲロウ目 コカゲロウのなかま(幼虫)
カメムシ目 ハネナシアメンボ
コウチュウ目 ゴマフガムシ
ハエ目 キリウジガガンボ(幼虫)
ユスリカのなかま
巻貝類
タニシ科 ヒメタニシ
甲殻類
カイエビ科 カイエビ

4月16日荒おこし中 5月4日、田植え中
ニホンアマガエル クモのなかま
7月7日、青々としている田んぼ  
ウスイロササキリ  

 

 


河北潟湖沼研究所の田んぼ(KFu96)の植物(2018年)

植物リスト
確認種(年別)
科名 種名 2017 2018
トクサ スギナ
ツユクサ ツユクサ
カヤツリグサ カヤツリグサ
テンツキ
ヒデリコ
ヒンジガヤツリ
イネ メヒシバ
イヌビエ
アゼガヤ
ヨシ
スズメノカタビラ
ヒエガエリ
アキノエノコログサ
コツブキンエノコロ
キンポウゲ タガラシ
ベンケイソウ コモチマンネングサ
アカバナ チョウジタデ
マメ クサネム
コメツブツメクサ
シロツメクサ
ヤハズエンドウ
トウダイグサ エノキグサ
オトギリソウ コケオトギリ
アブラナ タネツケバナ
イヌガラシ
スカシタゴボウ
タデ ヤナギタデ
ミゾソバ
アレチギシギシ
ナデシコ オランダミミナグサ
スベリヒユ スベリヒユ
アカネ フタバムグラ
オオバコ タチイヌノフグリ
アゼナ ウリクサ
アゼナ
アメリカアゼナ
サギゴケ トキワハゼ
キク アメリカセンダングサ
トキンソウ
タカサブロウ
オオアレチノギク
ハハコグサ
セイタカアワダチソウ
オニノゲシ
ウコギ ノチドメ
セリ セリ
ウキゴケ イチョウウキゴケ
32 37

 

4月16日荒おこし中 5月4日、田植え中
ヒンジガヤツリ タガラシ

河北潟湖沼研究所の田んぼ(KFu96)農薬・肥料の情報(2018年産)

農薬の使用状況

農薬不使用

・・・農薬は一切使用していません。

◎ネオニコチノイド系農薬不使用(苗にも使っていません)

◎ラジコンヘリによる殺虫剤の空中散布なし

◎畦の除草剤不使用

肥料の使用状況

有機アグレット(使用時期:2018年4月14日)(使用量:24kg/10a)

有機肥料発行鶏糞(使用時期:2018年4月14日)(使用量:71kg/10a)

牡蠣殻(使用時期:2018年4月14日)(使用量:24kg/10a)

河北潟湖沼研究所の田んぼ(KFu96)の品種(2018年産)、その他の情報

品種

コシヒカリ

田植え日

2018年5月10日

30年秋収穫新米の購入はこちらから 

HOME

生きもの元気米に関するお問い合わせはこちらまで

NPO法人河北潟湖沼研究所 E-Mail kome@kahokugata.sakura.ne.jp

河北潟湖沼研究所が運営しているサイトです



生きもの元気米 はNPO法人河北潟湖沼研所の登録商標です。

NPO法人河北潟湖沼研究所 〒929-0342 石川県河北郡津幡町字北中条ナ9-9 電話076-288-5803 fax076-255-6941

Copyright (C) Kahokugata Lake Institute 2014-2018