河北潟湖沼研究所が農家と取り組む河北潟の水辺・田んぼの生物多様性を保全するお米

生きもの元気米

吉本 豊さんの2017年産(田んぼ:YFu49)生きもの元気米情報

このページでは、吉本豊さんの2017年産生きもの元気米について、以下の情報をご覧いただけます。

2014年の情報はこちら

2015年の情報はこちら

2016年の情報はこちら

農家紹介 吉本 豊さん

吉本さんは、金沢市二日市町の田んぼで、「カルテック農法」による米作りに取り組んでいます。これに加えて2014年からは「生きもの元気米」の取り組みに参加することになりました。農業が合理化していく中で、自分なりの米作りを模索してきた吉本さんにお話をうかがいました。

吉本豊さん

生産者:吉本 豊さん

生きもの元気米生産地:金沢市二日市町

吉本さんからのメッセージ

田んぼに手間と時間をかけられた時代

田んぼを始めたのは終戦当時にさかのぼります。当時はコンバイン等の農業機器はありませんから、種籾を発芽させ、田植えを行い肥料を与え、草刈り、稲刈り、全てが手作業でした。田んぼにはそれだけの手間と時間をかけることが出来た時代でした。近年では農業は限りなく機械化され、作業は楽になりました。

いい米づくりをしたい

農業が機械化されて、合理化されることで農家の個性が失われていきました。そんな中で「いいお米作りをしたい」と考えるようになり、今から20年前にカルテック農法による米づくりを始めました。作り始めた当初はカルッテク米は買い取ってもらえず、自家用として食べるのみでしたが、最近はその味の評判を聞いて、毎年買い求めに来られる方もいます。

昔のように生きものがたくさんいる田んぼを

今年から始まった「生きもの元気米」の取り組みは、畦の除草剤を使わない、ネオニコチノイド系農薬の殺虫剤を空中散布しない、といったことから、環境に配慮したいい米作りです。昔は田んぼにオタマジャクシやマルタニシがひしめくほどいて、とくにマルタニシは食べても美味しいものでした。今ではオタマジャクシはわずかとなり、マルタニシは姿を消してしまいました。かつての思いから「生きもの元気米」への期待は大きく、ぜひ、そのような現実を知って「生きもの元気米」を食べてみてほしいと思っています。

田んぼ(YFu49)の場所

生きもの元気米を作る田んぼの住所

石川県金沢市二日市町ロ49,50(約1,590平方メートル)

吉本さんの生きもの元気米田んぼ(YFu49)の様子(2017年)

代掻き中 ハッタミミズ
4月23日、代掻き中の吉本さん。 4月28日、田植えに向けて水が張られた田んぼの中、
長さ30センチほどのハッタミミズの姿が見えました。
草刈り中 稲穂
5月4日、田植えから数日後、畦の草刈りをする吉本さん。 7月30日、稲穂が出ています。
   
   

調査員からひとこと ~ 吉本さんの田んぼ(YFu49)はこんなところ!

この田んぼは、生きもの元気米4年目をむかえました。畦にはフタバムグラやヒデリコ、ウリカワなどの小さな野草が増えました。田んぼではニホンアマガエルのおたまじゃくしがみられ、そうしたカエルやケラなどを食べに、アマサギなどがたくさん飛来していました。去年に続いて、今年もハネナガイナゴがたくさんみられました。

生きもの調査について(2017年)

調査実施項目

1)昆虫スイーピング調査

2)底生生物調査

3)植物調査

*調査員 高橋奈苗(NPO法人河北潟湖沼研究所)

*生きもの調査の結果はこの下に田んぼの生きものリストとして表示しています。

 同じ田んぼの2014年のリストはこちら、2015年はこちら、2016年はこちらです。

吉本さんの田んぼ(YFu49)の生きものリスト(2017年)

陸の生きもの(動物)

しばらくお待ちください。

水の中の生きもの(動物)
しばらくお待ちください。

吉本さんの田んぼ(YFu49)の植物

植物リスト
確認種(年別)
科名 種名 2013 2014 2015 2016 2017
トクサ科 スギナ
イノモトソウ科 ヒメミズワラビ
サトイモ科 ウキクサ
オモダカ科 オモダカ
アヤメ科 ニワゼキショウ
ツユクサ科 ツユクサ
カヤツリグサ科 コゴメガヤツリ
カヤツリグサ
テンツキ
ヒデリコ
ヒンジガヤツリ
イネ科 スズメノテッポウ
メヒシバ
イヌビエ
アゼガヤ
チクゴスズメノヒエ
ヨシ
スズメノカタビラ
オオスズメノカタビラ
ヒエガエリ
フシネキンエノコロ
キンポウゲ科 タガラシ
ベンケイソウ科 コモチマンネングサ
アカバナ科 チョウジタデ
マメ科 クサネム
ヤハズソウ
シロツメクサ
トウダイグサ科 エノキグサ
コニシキソウ
オトギリソウ科 コケオトギリ
アブラナ科 タネツケバナ
イヌガラシ
スカシタゴボウ
タデ科 ヤナギタデ
ボントクタデ
ミチヤナギ
ナデシコ科 オランダミミナグサ
スベリヒユ科 スベリヒユ
サクラソウ科 ヌマトラノオ
アカネ科 フタバムグラ
オオバコ科 タチイヌノフグリ
アゼナ科 ウリクサ
アメリカアゼナ
アゼトウガラシ
シソ科 トウバナ
サギゴケ科 トキワハゼ
キク科 アメリカセンダングサ
トキンソウ
タカサブロウ
ヒメムカシヨモギ
オオアレチノギク
オオジシバリ
ノボロギク
オニノゲシ
セイヨウタンポポ
ウコギ科 ノチドメ
22 25 21 23 31
 

吉本さんの生きもの元気米(田んぼ:YFu49)農薬・肥料の情報(2017年産)

農薬の使用状況

ソルネット(使用時期:田植え1週間前)(使用量:1kg/10a)

 *この使用量は石川県の慣行に比べて、9割以上少ない量です。

◎ネオニコチノイド系農薬不使用(苗にも使っていません)

◎ラジコンヘリによる殺虫剤の空中散布なし

◎畦の除草剤不使用

肥料の使用状況

カルテック(使用量:20kg/10a)

バチルス(使用量400g/10a)

硫安(使用量:10kg/10a)

吉本さんの生きもの元気米(田んぼ:YFu49)の品種(2017年産)、その他の情報

品種

コシヒカリ

HOME

生きもの元気米に関するお問い合わせはこちらまで

NPO法人河北潟湖沼研究所 E-Mail kome@kahokugata.sakura.ne.jp

河北潟湖沼研究所が運営しているサイトです



生きもの元気米 はNPO法人河北潟湖沼研所の登録商標です。

NPO法人河北潟湖沼研究所 〒929-0342 石川県河北郡津幡町字北中条ナ9-9 電話076-288-5803 fax076-255-6941

Copyright (C) Kahokugata Lake Institute 2014-2018