河北潟湖沼研究所が農家と取り組む河北潟の水辺・田んぼの生物多様性を保全するお米

生きもの元気米

農事組合法人Oneさんの生きもの元気米情報

Oneさんは3枚の田んぼで生きもの元気米を、1枚の田んぼで生きもの元気レンコンを作っています。同じ農家さんの3田んぼでも生きもの元気米では、お米は田んぼ一枚ごとに管理しています。田んぼが違うとみられる生きものも少しずつ

違っています。

農家紹介 農事組合法人Oneさん

農事組合法人Oneさんは30代のメンバーが中心となり、代表・宮野一さん、副代表・宮野義隆さんご兄弟を中心に、「いい土作り」を第一に農業に取り組まれています。   予約購入はこちら
農事組合法人Oneのメンバー

生産者:農事組合法人Oneさん代表・宮野一さん(左上)と副代表・宮野義隆さん(右上)

生きもの元気米生産地:金沢市才田町

Oneさんからのメッセージ

若いメンバーで農業と向き合う日々

私どもは平均30代のメンバーが主体となって、農業と向き合いながら、日々探求心を燃やす農事組合法人です。土づくりを第一に考え、持続可能な農業、地域の自然や景観を未来につなぐことができる農業の奥深さを、どなたでも感じてもらえる米づくりをモットーとしています。

米づくりはいい土づくりから

圃場面積は稲作面積だけでも約36haありますが、どの田んぼでもまずは土を見て、いい土を作ることから始まります。お米は人が作るのではなく土が作ってくれる、そして我々はそのサポートをするだけです。

見える形で安全・安心なお米を

「生きもの元気米」は、いい土づくりと、次世代の子供たちに残すべき生きものを守り育てることが出来る、新たなチャレンジだと強く思います。

生きものが食べられないお米を、人が食べているのはやはり自然ではありません。これからは見えない安全・安心ではなく、安全なお米を見えるようにして、安心して食べてもらいたいと考えています。そのための第一歩として、私どもも「生きもの元気米」の取り組みに参加しています。

 

★★農事組合法人Oneさんのホームページはこちらです。

HOME

生きもの元気米に関するお問い合わせはこちらまで

NPO法人河北潟湖沼研究所 E-Mail kome@kahokugata.sakura.ne.jp

河北潟湖沼研究所が運営しているサイトです



生きもの元気米 はNPO法人河北潟湖沼研所の登録商標です。

NPO法人河北潟湖沼研究所 〒929-0342 石川県河北郡津幡町字北中条ナ9-9 電話076-288-5803 fax076-255-6941

Copyright (C) Kahokugata Lake Institute 2014-2018