河北潟湖沼研究所が農家と取り組む河北潟の水辺・田んぼの生物多様性を保全するお米

生きもの元気米

綿村 裕さんの2016年産(田んぼ:WSa63) 生きもの元気米情報

このページでは、綿村裕さんの 2016年産 生きもの元気米について、以下の情報をご覧いただけます。

2014年の情報はこちら

2015年の情報はこちら

農家紹介 綿村 裕さん

綿村さんは河北潟の南にある才田地域で長く米作りをされています。河北潟湖沼研究所が生きもの元気米の取り組みをはじめるときに、一番最初に参加すると言ってくださったのが綿村さんです。 どのような思いから参加するにいたったのか、お話をうかがいました。 予約購入こちらから
作業中の綿村さん

生産者:綿村 裕さん

生きもの元気米生産地:金沢市才田町

綿村さんからのメッセージ

金沢市才田町は米づくりの文化を持つ町

今から5年ほど前までは、2ha程度の田んぼでお米を作っていました。才田の辺りは昔から農業が営まれてきた地域で、一軒あたり大体2ha程度の田んぼを持っています。当時は収穫したお米の仕上がりを楽しみにしていましたが、会社経営の傍らの収穫作業を続けるのが年々難しくなり、現在では40aを残し、残りの田んぼは貸し出してお米を作ってもらっています。

才田地域の文化をなくさないめに

現在は多くの方が、ほかの人に土地を貸して作ってもらっていますが、田んぼを維持するためには様々な費用がかかるため、土地を手放す人が多いのも現状です。このままでは才田の文化や景観が失われていく可能性がある中で、お米の価値を高め、健全な農業ができるよう将来につないでいきたいと思っていました。

人や生きものにやさしい農業で才田地域を活性化したい

そのような思いがある中で、1年前に私の田んぼの生きものを調べてもらう機会がありました。その結果、ほとんど生きものがいない事実を知り、正直ショックでした。
私が思うこれからの農業は、人や生きものに優しい農業です。これを実現する米づくりを広げていき、環境へ配慮したブランド米をつくり、地域を活性化したい、との思いから「生きもの元気米」の取り組みへの参加を決めました。

田んぼ(WSa63)の場所

生きもの元気米を作る田んぼの住所

石川県金沢市才田町東63番地(約4,000平方メートル)

綿村さんの生きもの元気米田んぼ(WSa63)の様子(2016年)

田植え(WSa63)1 田植え(WSa63)2
ご家族で田植え中の綿村さんの田んぼ(5月5日) 田植え中の綿村さんの田んぼ(5月5日)
   

調査員からひとこと ~ 綿村さんの田んぼ(WSa63)はこんなところ!

生きもの元気米4年目をむかえました。この田んぼでは、生きもの元気米をはじめる一年前から調査をしています。当初は畦の植物の種類が少なく、スギナが目立っていましたが、年々みられる種類が増え、ヘビイチゴやカタバミ、ヒメミズワラビなどもみられるようになりました。淡水産の巻貝のヒメタニシや二枚貝のドブシジミが多く、日本で一番長いハッタミミズが生息しています。ヒメガムシも確認されました。

ページトップへ

生きもの調査について(2016年)

調査実施項目

1)昆虫スイーピング調査

2)底生生物調査

3)植物調査

*調査員 高橋奈苗(NPO法人河北潟湖沼研究所)

*生きもの調査の結果はこの下に田んぼの生きものリストとして表示しています。

 同じ田んぼの2014年の調査結果はこちら、2015年の結果はこちらです。

綿村さんの田んぼ(WSa63)の生きものリスト(2016年)

陸の生きもの(動物)
科名 種名
鳥類
タカ科 トビ
ツバメ科 ツバメ
両生類
アマガエル科 ニホンアマガエル
アカガエル科 トノサマガエル
昆虫類
トンボ目 ハラビロトンボ
シオカラトンボ
クモ目 アシナガグモのなかま
ハエトリグモのなかま
バッタ目 ショウリョウバッタ
ハネナガイナゴ
コバネイナゴ
カメムシ目 ホソミドリウンカ
セジロウンカ
トビイロウンカ
ツマグロヨコバイ
ハエ目 ユスリカのなかま
ミナミヒメヒタラアブ
ハモグリバエのなかま 
ハエのなかま(小型種)
ハチ目 ヒメバチのなかま
コバチのなかま
ハチのなかま(小型種)
コウチュウ目 マメコガネ
ヒメカメノコテントウ
水の中の生きもの(動物)
科名 種名
昆虫類
コウチュウ目 チビゲンゴロウ
ゴマフガムシ
カメムシ目 アメンボのなかま
二枚貝類
ドブシジミ科 ドブシジミ
巻貝類
タニシ科 ヒメタニシ
ミミズ類
イトミミズ科 イトミミズのなかま
甲殻類
カイエビ科 カイエビ

綿村さんの田んぼ(WSa63)の植物

植物リスト
科名 種名 2013 2014 2015 2016
シャジクモ シャジクモ科の一種
トクサ科 スギナ
ドクダミ科 ドクダミ
サトイモ科 ウキクサ
オモダカ科 オモダカ
ツユクサ科 イボクサ
ミズアオイ科 コナギ
イグサ科 イグサ
カヤツリグサ科 チャガヤツリ
コゴメガヤツリ
カヤツリグサ
ヒデリコ
ヒンジガヤツリ
ホタルイ
イネ科 スズメノテッポウ
メヒシバ
アキメヒシバ
イヌビエ
アゼガヤ
オオクサキビ
オオアワガエリ
スズメノカタビラ
オオスズメノカタビラ
ヌメリグサ
アカバナ科 チョウジタデ
マメ科 クサネム
コメツブツメクサ
シロツメクサ
ヤハズエンドウ
トウダイグサ科 エノキグサ
コニシキソウ
オトギリソウ科 コケオトギリ
アブラナ科 タネツケバナ
スカシタゴボウ
タデ科 ヤナギタデ
ナデシコ科 オランダミミナグサ
ヒユ科 アカザ
オオバコ科 オオバコ
タチイヌノフグリ
アゼナ科 アメリカアゼナ
サギゴケ科 トキワハゼ
キク科 アメリカセンダングサ
トキンソウ
ベニバナボロギク
タカサブロウ
ヒメムカシヨモギ
ヒメジョオン
オオアレチノギク
ニガナ
ハハコグサ
ノボロギク
セイタカアワダチソウ
オニノゲシ
ノゲシ
セイヨウタンポポ
セリ科 セリ
ウキゴケ科 イチョウウキゴケ
25 31 36 31

綿村さんの生きもの元気米(田んぼ:WSa63) 農薬・肥料の情報(2016年産)

農薬の使用状況

ドニチS(使用時期:2016年5月14日)(使用量:1kg/10a)

モゲトン(使用時期:2016年5月29日)(使用料:1kg/10a)

 *この使用量は石川県の慣行栽培で使用される農薬の使用回数に比べて、約6割少ない量です。

◎ネオニコチノイド系農薬不使用(苗にも使っていません)

◎ラジコンヘリによる殺虫剤の空中散布なし

◎畦の除草剤不使用

肥料の使用状況

新コシ一発(使用時期:2016年5月5日)(使用量:40kg/10a)

BBパワフル大地 (使用時期:2016年3月26日)(使用量:20kg/10a)

綿村さんの生きもの元気米(田んぼ:WSa63)の品種・その他の情報(2016年産)

品種

コシヒカリ

田植え日

2016年5月5日

田んぼWSa63のお米を注文する→

HOME

生きもの元気米に関するお問い合わせはこちらまで

NPO法人河北潟湖沼研究所 E-Mail kome@kahokugata.sakura.ne.jp

河北潟湖沼研究所が運営しているサイトです



生きもの元気米 はNPO法人河北潟湖沼研所の登録商標です。

NPO法人河北潟湖沼研究所 〒929-0342 石川県河北郡津幡町字北中条ナ9-9 電話076-288-5803 fax076-255-6941

Copyright (C) Kahokugata Lake Institute 2014-2018