河北潟湖沼研究所が農家と取り組む河北潟の水辺・田んぼの生物多様性を保全するお米

生きもの元気米

綿村 裕さんの2015年産(田んぼ:WSa63)生きもの元気米情報

このページでは、綿村裕さんの2015年産生きもの元気米について、以下の情報をご覧いただけます。

2014年の情報はこちら

2016年の情報はこちら

農家紹介 綿村 裕さん

こちらのページで紹介しています。

田んぼ(WSa63)の場所

生きもの元気米を作った田んぼの住所

石川県金沢市才田町東63番地

綿村さんの生きもの元気米田んぼ(WSa63)の様子(2015年)

綿村さんの田んぼ5月3日 7月20日の綿村さんの田んぼの様子
田植え直後の綿村さんの田んぼ(5月3日) 7月20日の綿村さんの田んぼの様子
稲刈り中の綿村さん1 稲刈り中の綿村さん2
稲刈り中の綿村さんの田んぼ(9月12日) 稲刈り中の綿村さんの田んぼ(9月12日)

調査員からひとこと ~ 綿村さんの田んぼ(WSa63)はこんなところ!

綿村さんの田んぼは、生きもの元気米として畦の除草剤と殺虫剤の空中散布をしなくなってから、生きものの変化が強く感じられます。生きもの元気米2年目をむかえたこの田んぼでは、シャジクモ類がみられるようになりました。オタマジャクシがたくさんいて、畦では変態して間もないニホンアマガエルが跳ねています。生きもの元気米を始める前の一昨年からはまったく想像できない光景です。田んぼではシャジクモのほか、イボクサやオモダカ、セリなどの植物が目立ち、稲の株の根元には、ハッタミミズの糞塊がたくさんみられます。ヒメタニシはもともとたくさんみられます。畦の植物は、以前はスギナが一面生えていたところにも、スカシタゴボウやコメツブウマゴヤシなど、色んな植物がみられるようになりました。

ページトップへ

生きもの調査について(2015年)

調査実施項目

1)昆虫スイーピング調査

2)底生生物調査

3)植物調査

*調査員 高橋奈苗(NPO法人河北潟湖沼研究所)、黒川貴弘(NPO法人河北潟湖沼研究所)

*生きもの調査の結果はこの下に田んぼの生きものリストとして表示しています。

 同じ田んぼの2014年の調査結果はこちらです。

綿村さんの田んぼ(WSa63)の生きものリスト(2015年)

以下のリストは途中のものです。今後追加されます。
鳥類 アマサギ
  チュウシャクシギ
  ツバメ
  ムクドリ
両生類 ニホンアマガエル
昆虫
バッタ科 ショウリョウバッタ
水生生物
巻貝の仲間 ヒメタニシ
二枚貝の仲間 ドブシジミ
ミミズの仲間 イトミミズの仲間
エビ・カニの仲間 カイエビ

綿村さんの田んぼ(WSa63)の植物(2015年)

以下のリストは途中のものです。今後追加されます。
科名 種名
シャジクモ類
トクサ スギナ
ナデシコ オランダミミナグサ
コケオトギリ
アブラナ スカシタゴボウ
マメ クサネム
コメツブウマゴヤシ
シロツメクサ
ヤハズエンドウ
トウダイグサ エノキグサ
オモダカ オモダカ
セリ セリ
イグサ イグサ
ツユクサ イボクサ
ゴマノハグサ タチイヌノフグリ
オオバコ オオバコ
イネ メヒシバ
イヌビエ
スズメノカタビラ
オオスズメノカタビラ
キク オオアレチノギク
ヒメジョオン
ノゲシ
ハハコグサ
ニガナ
セイタカアワダチソウ
セイヨウタンポポ

綿村さんの生きもの元気米(田んぼ:WSa63) 農薬・肥料の情報(2015年産)

農薬の使用状況

ドニチS(使用時期:2015年5月10日)(使用量:1kg/10a)

 *この使用量は石川県の慣行栽培で使用される農薬の使用回数に比べて、約8割少ない量です。

撒粉ボルドー粉剤DL(使用時期2015年7月19日)( 使用量:3kg/10a)

◎ネオニコチノイド系農薬不使用(苗にも使っていません)

◎ラジコンヘリによる殺虫剤の空中散布なし

◎畦の除草剤不使用

肥料の使用状況

BBパワフル大地 (使用時期:2015年4月11日)(使用量:15kg/10a)

新コシ一発(使用時期:2015年5月3日)(使用量:40kg/10a)

綿村さんの生きもの元気米(田んぼ:WSa63)の品種・その他の情報(2015年産)

品種

コシヒカリ

田植え日

2015年5月3日

稲刈り日

2015年9月12日

生きもの元気米認証マーク

NPO河北潟湖沼研究所が
生きもの元気米として認証した
お米のパッケージはすべて
このマークがついています。

食べれば食べるほど
人も生きものも田んぼも
みんなが元気になるお米

生きもの元気米は田んぼごとにお米を認証しています。
農家、田んぼ、田んぼの生きもの情報を公開しています。

3つの条件をみたしたお米を「生きもの元気米」として認証しています

生きもの元気米の5つの特徴

HOME

生きもの元気米に関するお問い合わせはこちらまで

NPO法人河北潟湖沼研究所 E-Mail kome@kahokugata.sakura.ne.jp

河北潟湖沼研究所が運営しているサイトです



生きもの元気米 はNPO法人河北潟湖沼研所の登録商標です。

NPO法人河北潟湖沼研究所 〒929-0342 石川県河北郡津幡町字北中条ナ9-9 電話076-288-5803 fax076-255-6941

Copyright (C) Kahokugata Lake Institute 2014-2018