河北潟湖沼研究所メールマガジン

【河北潟】野鳥がたくさんいるのはなんでだろう、と観察しながら考える新年


*─河北潟メールマガジン(R2.1.9)
─────────────────*
あけましておめでとうございます。
2020年は河北潟の魅力の一つ、たくさんの野鳥を観察するツアーから始まります。
どなたでもご参加いただけます。

<河北潟流域ツアー:野鳥観察編>
Kahokugata River Basin Bus Tour: Bird Watching
~どうして河北潟には野鳥がたくさんいるの?
日時 2020年1月19日(日)9:00-15:00
集合 金沢駅(9:00集合)またはこなん水辺公園(9:30集合)
詳細 http://kahokugata.sakura.ne.jp/mg/mg202001091.html
河北潟は野鳥の宝庫!でも野鳥の種類によっては、観察できる数が年々減っているものもいます。
たくさんの野鳥たちが河北潟にいられるのはどうしてだろう?
減った原因はなんだろう?
干拓や宅地化、圃場整備などで環境が変化する中、どんなふうに生きものたちの暮らしがかわってきたのか、野鳥を観察しながら、周りの環境も一緒に観察してみましょう。
<申込>
主催:河北潟湖沼研究所
申込フォーム http://kahokugata.sakura.ne.jp/mg/mg202001092.html
メール info@kahokugata.sakura.ne.jp
FAX 076-255-6941

 

○o──────────────
コハクチョウ越冬中
~河北潟の南・才田町の田んぼから~
──────────────o○
河北潟のまわりの田んぼには、毎冬コハクチョウが飛来します。
落穂や二番穂を食べています。
水が張られた田んぼのほうが安心できるようで、ねぐらにはそうした場所が選ばれています。
そのような安心できる田んぼは限られていますが、河北潟の南の才田町の田んぼでは、冬に水が張られるようになりました。
才田町の圃場は一枚が大きく、田んぼに水が張られると、とても広い湿地ができます。
電線や建物も少なく、コハクチョウも安心して過ごせるようで、たくさん飛来するようになりました。
姿が美しくて近くで観察・撮影したくなりますが、コハクチョウが体勢を起こして首を上に伸ばしたときは警戒している姿ですので、それ以上は近づかないようにしましょう。
1/19の野鳥観察では、こういった様子も見られると思います。
ぜひご参加くださいね。
Facebookページの新年のご挨拶に田んぼにいたコハクチョウの写真を載せています↓
http://kahokugata.sakura.ne.jp/mg/mg202001093.html

 

○o──────────────
シンポジウム開催のご報告
──────────────o○
昨年末12月22日にシンポジウム「水田の生物多様性と農薬使用について~使わないでいい農薬を使わないことで生きものも人もhappy!~」を開催しました。
遠くは新潟県や岐阜県からの参加もあり、全体で40名の方のご参加いただきました。
田んぼの生物多様性に関わる研究の成果、農薬使用が誘導される社会的状況と打開方向の提案、農薬使用を減らす実践から見えてきた可能性が3名の講演者から報告されました。
ディスカッションでは、農薬使用を減らす様々な技術が確立されてきていること、しかし農薬削減への抵抗が根強いこと、知らせること、見える化することで消費者の理解が得られることなどが話されました。
会場からの意見も多く充実したシンポジウムとなりました。
ご参加、ご協力いただいた皆様ありがとうございました。

 

○o──────────────
ネットショップ通常運営にもどりました!
今年もよろしくお願いします!
──────────────o○
年末年始お休みしていたネットショップ「河北潟湖沼研究所のお米屋さん」は1/8より通常運営しています。
ただいま環境保全米「生きもの元気米」「七豊米」をご購入いただいた方には、先着順で河北潟カレンダープレゼント!
またのご注文お待ちしております。
*───────────────*
生きもの元気米、レンコン・七豊米販売中!
河北潟湖沼研究所のお米屋さん
http://kahokugata.cart.fc2.com/

河北潟湖沼研究所では会員募集中です。
ぜひご入会下さい。
http://kahokugata.sakura.ne.jp/about/nyukai.html
*───────────────*

このメールは「すずめ野菜」「生きもの元気米」「七豊米」等ご購入いただいた方、
イベント等にご参加いただいた方、当団体の理事や職員と名刺交換させていただいた方等に配信しております。

 

*配信停止をご希望の方は、お手数ですが
info@kahokugata.sakura.ne.jp
までご連絡ください。
「配信停止希望」の旨とともに配信されているメールアドレスをお知らせください。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
■このメールは配信専用のアドレスより配信しています。
ご返信いただくことはできません。
*────────────────
配信元:NPO法人河北潟湖沼研究所
公式 http://kahokugata.sakura.ne.jp/
お問い合わせ info@kahokugata.sakura.ne.jp
○ 生きもの元気米
http://kahokugata.sakura.ne.jp/ikimonogenkimai/index.html
○ すずめ野菜
http://suzumeyasai.cart.fc2.com/
○ 金沢駅西ゆうぐれ金曜マルシェ
https://www.facebook.com/kanazawayugure
○ twitter
https://twitter.com/kahokugatalake
○ Instagram
https://www.instagram.com/kahokugata_lake_institute/
────────────────*


これまでいただいたご支援について

河北潟湖沼研究所は多くの団体、企業等の皆様に支えられて活動を継続しています。

ゆうちょ エコ・コミュニケーション

あいおいニッセイ同和損害保険株式会社(ご寄付いただきました)

地球環境基金(平成26-28年度、29-31年度、令和2年度)

高木仁三郎市民科学基金(平成31年度)

一般社団法人アクト・ビヨンド・トラスト(平成25~27年度、31年度)

未来につなぐふるさと基金(平成29-30年度

Panasonic NPOサポートファンド(平成24~25年度)

国際花と緑の博覧会記念協会概要(平成24年度)

トヨタ財団2011年度地域社会プログラム(平成23年度)

損保ジャパン日本興亜環境財団(平成23年度)

セブンイレブン記念財団みどりの基金(平成22年度)

 

ゆうちょ エコ・コミュニケーション

 

地球環境基金

 

 

これまでの受賞について

日本自然保護大賞(平成26年度)

生物多様性アクション大賞(平成26年度)

日本水大賞(平成24年、第14回)

いいね金沢環境活動賞(平成22年度)

 

河北潟湖沼研究所