河北潟総合研究(Kahokugata Lake Science)

 河北潟湖沼研究所では機関誌「河北潟総合研究」を年1回発行しています.「河北潟総合研究」は,河北潟や河北潟地域の自然,環境,生活,文化,歴史,等に関する研究成果の発表の場として,また,地域環境保全・地域振興に関する,学際的・総合的な研究交流の場として機能することをめざしてます.本誌は「河北潟湖沼研究所友の会」の会員に無料で配布されるほか,県内および県外の主な研究機関に配布されます.

冊子は1部1,000円で販売もおこなっています。ご希望の方はメールにてお知らせください。
●メール宛先 info@kahokugata.sakura.ne.jp

 

※最新23巻特集号:閉じられた汽水域の現状と課題は、ネットショップからもご購入いただけます。こちらからどうぞ。

 

タイトルをクリックするとそれぞれの論文を参照できます。 
(pdfファイル:解像度は落としてあります。また、一部は要旨のみの閲覧となります)

 

河北潟総合研究 第23巻 特集号:閉じられた汽水域の現状と課題
2020年12月発行

巻頭言 閉じられた汽水域の課題と河北潟の汽水環境の再生可能性

永坂正夫  (頁1)

総合23cover

河北潟における再汽水化と流域保全の課題

高橋 久  (頁 5)

八郎湖の負荷収支からみた汚濁構造と水質・水環境改善への課題

近藤 正 (頁 13)

宍道湖・中海の現状と課題

竹下幹夫  (頁 25)

諫早湾潮止め後23年間の有明海底生動物群集の経年変化

東 幹夫・佐藤慎一  (頁 29)

長良川河口堰をめぐる状況と課題

武藤 仁  (頁 37)

湖山池の汽水化事業-その現状と課題-

日置佳之  (頁 41)

淡水化した湖としなかった湖~低塩分汽水だった霞ケ浦と宍道湖の現状

山室真澄  (頁 49)

河北潟総合研究 第22巻 2020年7月発行

河北潟周辺におけるタニシ類の空間分布とマルタニシの再確認

香川 理  (頁1)

総合22cover

河北潟における動物プランクトン相の遷移

奥川光治  (頁 5)

石川県金沢市の赤戸室粘土中の磁性鉱物とその応用・利用

田崎和江・松浦明久・佐々木直哉・金 正逸・李 一烈・
矢方憲三・竹原照明・奥野正幸・福山厚子・田崎史江
(頁 15)

石川県金沢市俵町と中山町で発見した高磁性の大型涙石

田崎和江・松浦明久・山本トミ・福山厚子  (頁 25)

河北潟の自然再生に関する住民アンケート調査結果の分析

高橋 久  (頁 27)

河北潟総合研究 第21巻 2019年3月発行

石川県金沢市におけるハッタミミズの生息状況と生息環境の変化

高橋 久・川原奈苗・番匠尚子  (頁1)

総合21cover

河北潟西部承水路と東部承水路で捕獲されたカメ類

野田英樹  (頁 9)

内灘砂丘湧水の湧出量の季節変化と流達時間推定

永坂正夫・高野典礼・福原晴夫・高橋 久  (頁 15)

普正寺の森犀川左岸湿地帯(石川県金沢市)における水温及び電気伝導度を中心とした環境調査報告

福原晴夫・永坂正夫  (頁 23)

大韓民国「順天湾」視察レポート

川原奈苗・高橋 久  (頁 33)

河北潟総合研究 第20巻 2017年9月発行

内灘砂丘上の耕作地分布と施肥量の推定

永坂正夫・高野典礼・福原晴夫・ 高橋 久  (頁1)

総合20cover

河北潟鳥類リスト追加記録種の報告

川原奈苗 ・高橋 久・中川富男・丹羽 量・丹羽千枝子  (頁 9)

石川県河北潟で捕獲されたカミツキガメ

野田英樹・大井 毅  (頁 15)

石川県金沢市牧山町における環境調査とエコツーリズム

橋田由美子・橋田省三・田崎和江・中村市朗・高橋 久・
中村圭一  (頁 19)

1963年から2017年5月までに河北潟で確認された鳥類の一覧

川原奈苗・中川富男  (頁 33)

河北潟総合研究 第19巻 2016年6月発行

長期的観察による河北潟のアカミミガメ・クサガメ個体群の特徴の変化

野田英樹・大河原恭祐  (頁1)

総合19cover

内灘砂丘湧水地の水生無脊椎動物(予報)

福原晴夫・永坂正夫・高野典礼・高橋 久  (頁 7)

河北潟干拓地農家へのネオニコチノイド系農薬に関するアンケート調査結果

川原奈苗・高橋久  (頁 15)

福島県土壌検体の放射線量;特に南相馬市鉄山ダム周辺の土壌について

中野幹夫・田崎和江・高橋 久  (頁 27)

高塩分濃度地域における耕作:タンザニア中部ドドマ地域の事例

加藤智弘・Samwel Stanley Shati・田崎和江・畑 裕一・Paschal Magai  (頁 37)

河北潟総合研究 第18巻 2015年4月発行

河北潟周辺の圃場におけるラジコンヘリによる農薬の一斉空中散布前後での陸生無脊椎動物群集の比較

高橋 久・川原奈苗・黒川貴弘  (頁1)

総合18cover

チクゴスズメノヒエからの温室効果ガスの発生

高野典礼・田中幹大  (頁 11)

河北潟研究に対する計量テキスト分析

樽田泰宜・中森義輝  (頁 15)

石川県金沢市の田畑におけるノジュールの形成

田崎和江・赤木三郎・高村嘉子・
四ヶ浦弘  (頁 29)

2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震後の福島県内のバイオマットの特徴

霜島康浩・加藤智弘・奥野正幸・大友幸子・田崎和江  (頁 43)

河北潟総合研究 第17巻 2014年4月発行

2013年までの10年間で河北潟のカメ類に起きた変化

野田 英樹  (頁1)

総合17cover

河北潟周辺のタイプの異なる水田における陸生無脊椎動物相の比較-農法,殺虫剤の空中散布及び周辺環境の影響に関する予備的調査

高橋 久・川原奈苗  (頁 7)

河北潟干拓地農業の抱える問題と将来展望-営農者対象アンケート調査から-

川原奈苗・番匠尚子・高橋 久  (頁 17)

東日本大震災後に噴出した福島県いわき市浜通りの二つの温泉の泉質とバイオマットの特徴

霜島康浩・高橋直人・田崎和江・竹原照明・石垣靖人・中川秀昭  (頁 31)

ビニール・ナイロン等の石油製品の放射能と除染に関する実証実験

鈴木克久・中野幹夫・田崎和江・霜島康浩  (頁 47)

河北潟総合研究 第16巻 2013年3月発行

2012年における河北潟の水生昆虫調査結果

富沢 章  (頁1)

総合16cover

放射能汚染環境における生物の元素濃度分布

田崎和江・竹原照明・石垣靖人・ 中川秀昭・根本直樹・横山明彦・ 木村 元  (頁 7)

「生物多様性」の考察 - 私の体験から

大串龍一  (頁 25)

北國街道を通って行った人々『方言修行 金草鞋 第十八編』十返舎一九

宮本眞晴  (頁 31)

河北潟総合研究 第15巻 2012年3月発行

石川県津幡町及びかほく市におけるハッタミミズの分布

高橋 久・川原奈苗・出島 大  (頁1)

総合15cover

石川県の低地湖沼で確認された植物リスト

川原奈苗・高橋 久・白井伸和  (頁 5)

金沢の都市生態系 -金沢城公園の動物相を中心に-

大串龍一  (頁 23)

明治天皇北陸巡幸とその時代背景

宮本眞晴  (頁 31)

健全な水循環の確保におけるNPOの新たな役割

須崎秀人  (頁 43)

河北潟総合研究 第14巻 2011年3月発行

津幡町の神社と祭神の分析―河合谷地区の神社

宮本眞晴  (頁1)

総合14cover

石川県の低地湖沼における湖岸形状と植生の評価手法の検討

高橋久・川原奈苗  (頁 9)

河北潟湖岸に生育するチクゴスズメノヒエ群落水面下の溶存酸素 量の空間分布

永坂正夫  (頁 21)

「環境アセスメント審査会のあり方」について

尾上健治  (頁 29)

里山の問題(その3)

大串龍一  (頁 35)

河北潟総合研究 第13巻 2010年3月発行

河北潟国営干拓化の半世紀

桂木健次  (頁1)

総合13cover

津幡町の神社と祭神の分析―井上地区の神社

宮本眞晴  (頁 5)

河北潟干拓地において群生する外来植物の分布

高橋 久・川原奈苗  (頁 13)

河北潟の沿岸帯の植生Ⅴ-旧浅野川河口部から大根布防潮水門南 東側の湖岸について-

川原奈苗・高橋 久  (頁 25)

環境アセスメントの『あるべき姿』について (その 2)

尾上健治  (頁 33)

河北潟総合研究 第12巻 2009年3月発行

河北潟の沿岸帯の植生Ⅳ -新宇ノ気川河口域周辺について-

川原奈苗・高橋 久  (頁1)

総合12cover

柴山潟の浮葉植物の分布と現状

番匠尚子・永坂正夫  (頁 7)

河北潟の植物相

川原奈苗・白井伸和・高橋 久  (頁 11)

津幡町の神社と祭神の分析―中条地区の神社―

宮本真晴  (頁 21)

環境アセスメントの「あるるべき姿」について

尾上健治  (頁 31)

里山の問題(その2)

大串龍一  (頁 37)

河北潟総合研究 第11巻 2008年3月発行

河北潟の沿岸帯の植生Ⅲ -主に森下川河口域周辺について-

川原奈苗・白井伸和・高橋 久  (頁1)

総合11cover

河北潟干拓地におけるノスリ越冬個体の個体数および分布パターン

高橋 久・川原奈苗・三浦淳男  (頁 7)

河北潟干拓地の排水路で確認されたエサキアメンボ

高橋 久  (頁 13)

津幡町の神社と祭神の分析-種谷及び英田編-

宮本真晴  (頁 15)

里山の問題(その1)

大串龍一  (頁 33)

河北潟総合研究 第10巻 2007年3月発行

津幡町チクゴスズメノヒエが繁茂する河北潟西部承水路におけるマコモ群落の拡大

高橋 久・川原奈苗・白井伸和・永坂正夫  (頁1)

河北潟の沿岸帯の植生2-主に津幡川河口域周辺について-

川原奈苗・永坂正夫・白井伸和・高橋 久  (頁 7)

津幡町の神社と祭神の分析-津幡四町及び横浜編-

宮本真晴  (頁 15)

地球の縮図 イースター島(ラパ・ヌイ)の環境破壊の歴史

大串龍一  (頁 25)

モンゴルの自然環境を見て考える

大串龍一  (頁 35)

河北潟総合研究 第9巻 2006年3月発行  

河北潟の周辺地域におけるミサゴの繁殖生態 第一報 営巣地の分布と最近6年間の繁殖状況について

白井伸和・高橋 久・川原奈苗・永坂正夫・深澤愛・三浦淳男  (頁1)

総合9cover

河北潟地域の陸・淡水産貝類相

野村卓之・高橋 久  (頁 7)

河北潟干拓地における小型哺乳類の生息状況(2003-2004)

大串龍一  (頁 23)

河北潟に生息する哺乳類の確認状況

川原奈苗  (頁 33)

津幡町の神社と祭神の分析-笠谷編-

宮本真晴  (頁 41)

小学校の総合的な学習の時間における身近な自然をテーマにした環境学習のあり方を探る

飯田淳一  (頁 51)

河北潟における市民参加による水辺管理の実践(事例報告)

高橋久・永坂正夫・川原奈苗  (頁 59)

河北潟総合研究 第8巻 2005年3月発行 

津幡町の神社と祭神の分析-倶利伽羅谷編-

宮本真晴  (頁1)

総合8cover

ホテイアオイ除去および部分浚渫後の河北潟西部承水路における水生植物の状態

高橋 久・川原奈苗・白井伸和・永坂正夫  (頁 13)

河北潟の沿岸帯の植生-主に金腐川河口周辺について-

白井伸和・川原奈苗・高橋 久  (頁 23)

私の見た世界の湖沼 TVAのダム湖(アメリカ東南部)とクリンチ湖(スマトラ)

大串龍一   (頁 31)

河北潟総合研究 第7巻 2004年3月発行

津幡町の神社と祭神の分析-萩坂谷編-

宮本真晴  (頁1)

総合7cover

河北潟湖岸外周部におけるネズミ類調査報告

川原奈苗・大串龍一  (頁 13)

河北潟におけるアカミミガメ野外繁殖

野田英樹  (頁 17)

血ノ川におけるアサザ群落の拡大

高橋 久・川原奈苗   (頁 21)

三峡ダム視察記

大串龍一   (頁 25)

河北潟総合研究 第6巻 2003年3月発行

河北潟干拓地における小型哺乳類の生息状況(2001年-02年)概況

大串龍一  (頁1)

総合6cover

河北潟におけるカメ類の生息状況

野田英樹・鎌田直人  (頁 11)

夜間干拓地に飛来するカモ類の群れの利用環境(第一報)

川原奈苗・高橋 久  (頁 19)

河北潟西部承水路の水生生物の現状-在来種の衰退とホテイアオイEichhornia crassipesの大繁殖について

高橋 久・永坂正夫・白井伸和・川原奈苗  (頁 27)

河北潟干拓地から新たに記録されたクマネズミ

大串龍一  (頁 41)

河北潟総合研究 第5巻 2002年3月発行

河北潟干拓地における小型哺乳類相とその生息量の長期変動(1976年-1994年)

大串龍一  (頁1)

総合5cover

河北潟干拓地の土地利用状況 -1999年のデータから

高橋 久・川原奈苗  (頁 17)

金沢市における大規模開発に伴うゲンジボタルの減少について

西原昇吾・永坂正夫・白井伸和・高橋 久  (頁 25)

「河北潟の自然と文化」編纂事業の提案

大串龍一  (頁 33)

河北潟総合研究 第4巻 2001年2月発行

湖岸再生を目指して造成したビオトープ池の経過

川原奈苗・高橋 久  (頁1)

総合4cover

南京・莫愁湖の生態的調査予報

大串龍一・高橋 久・川原奈苗  (頁 17)

縄文時代の河北潟

平口哲夫  (頁 29)

全国環境教育ミーティングの紹介

中村真一郎   (頁 33)

石川県の身近な自然についてのメモ  

高橋 久  (頁 41)

河北潟総合研究 第3巻 1999年11月発行

巻頭言 河北潟の二十余年

大串龍一  (頁1)

総合3

河北潟周辺の水生昆虫

西原昇吾   (頁 3)

河北潟干拓地幹線排水路水質調査

沢野伸浩   (頁 7)

学校教育における環境教育の現状と課題 -石川県下の学校へのアンケート結果から-

谷内明慶・浅見 洋  (頁 11)

借坑性ハチ類の環境指標生物としての適用性 -金沢市内における調査結果から-  

石原一彦  (頁 27)

河北潟保全に関する参考事例 -千曲川中州の保護運動-

平松新一  (頁 35)

造成型ビオトープの現状と石川県内の実例の紹介

高橋 久   (頁 41)

河北潟総合研究 第2巻 1998年5月発行

巻頭言

桂木健次  (頁1)

河北潟地方の神社と祭神の分析2

宮本眞晴   (頁 3)

ゲンジボタルの大量発生地としての金沢市田上本町

永坂正夫・西原昇吾   (頁 11)

河川改修が犀川大豆田河川敷の鳥類相におよぼす影響

高橋 久  (頁 19)

環境視察報告「フライブルグ市における環境教育の現状とその成果」

 環境教育を考える会  (頁 29)

水生植物による水質浄化

 島谷理香   (頁 53)

総合
河北潟総合研究 第1巻 1997年5月発行
  • 巻頭言 河北潟がなくなったら? -発刊に寄せて?

     定塚謙二  (頁1)

  • 河北潟の水生植物相の現状

     永坂正夫   (頁 3)

  • 河北潟内灘放水路における魚類の近年の変化

     高橋 久   (頁 9)

  • 河北潟地方の神社と祭神の分析1

     宮本眞晴   (頁 13)

  • ナチュラルシステムの概要 -米国における適用事例-

  •  沢野伸浩・中登史紀  (頁 45 )

第1巻

 

 

これまでいただいたご支援について

河北潟湖沼研究所は多くの団体、企業等の皆様に支えられて活動を継続しています。

ゆうちょ エコ・コミュニケーション

あいおいニッセイ同和損害保険株式会社(ご寄付いただきました)

地球環境基金(平成26-28年度、29-31年度、令和2年度)

高木仁三郎市民科学基金(平成31年度)

一般社団法人アクト・ビヨンド・トラスト(平成25~27年度、31年度)

未来につなぐふるさと基金(平成29-30年度

Panasonic NPOサポートファンド(平成24~25年度)

国際花と緑の博覧会記念協会概要(平成24年度)

トヨタ財団2011年度地域社会プログラム(平成23年度)

損保ジャパン日本興亜環境財団(平成23年度)

セブンイレブン記念財団みどりの基金(平成22年度)

 

ゆうちょ エコ・コミュニケーション

 

地球環境基金

 

 

これまでの受賞について

日本自然保護大賞(平成26年度)

生物多様性アクション大賞(平成26年度)

日本水大賞(平成24年、第14回)

いいね金沢環境活動賞(平成22年度)

 

河北潟湖沼研究所